ピンク色に輝く、平沢(ピョンテク)置屋街

ソウルから各駅(1号線)で約2時間、ムグンファ号で約1時間。平沢駅を出ると左手に警察派出所がある。その裏が平沢置屋街だ。規模は韓国国内有数の大きさを誇る。

アガシのレベルが高いと言われている平沢。行くなら17時頃に行って好みのアガシを探すのがオススメ!週末の夜は売れ残りしかいない。

pyeongtaek_115_5

置屋街入り口にセブンイレブンがあるが反対側の出口にもセブンイレブンがある。セブンイレブンはアガシが大好きなのか?ピョンテクの合い言葉はセブンイレブンからセブンイレブンまでだ。覚えておくように。

最近の平沢アガシは、純粋さが無くなって来たように思える。数年前は、初々しさもあったが、今となってはシステムチックな対応を受ける事もしばしば。純粋なアガシを求めるなら、ヨンジュコルへ行く方がいいと思う。

アガシの相場は7万ウォンで15分が目安。

平沢駅(ピョンテク)

pyeongtaek_115_1

平沢駅構内

pyeongtaek_115_2

平沢市街地

pyeongtaek_115_3

平沢市街地 その2

pyeongtaek_115_4

平沢置屋街

pyeongtaek_115_5

平沢置屋街入り口の警察派出所

pyeongtaek_115_6

平沢置屋街内部

pyeongtaek_115_7

平沢置屋街の反対側のセブンイレブン

pyeongtaek_115_8

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です