3日目 江陵、原州へ(江陵編)

広陵(カンヌン)は、ソウル東バスターミナルから高速バスで約3時間。途中トイレ休憩10分。(3列タイプ、15,000ウォン)

広陵には旅館でアガシとやるタイプの風俗があります。ソウルにもありますが冒険を兼ねて広陵へ行ってきました。

結果から行ってしまうと、来るんじゃなかった・・。って感じです。

広陵の旅館街は駅付近にあるのですが、バスターミナルから徒歩20分くらいの所にあります。夜になると、旅館の入り口に客引きのババアが立っているので、すぐに分かると思います。

旅人宿(ヨインスク)ハングルで書くと여인숙、女人宿も同じ여인숙。(笑)

gangneung_1331_1

通常の旅館バリは、泊まってる宿にアガシが来るのですが、ここは、ババアに捕まって旅館の一部屋で待たされ、ババアがアガシを呼んでくれるシステム。

歩いていたら、ババアが寄ってきて綺麗なアガシが居るよ。

どう?

どう??

って、腕をつかんで放してくれませんでした。

値段を聞いてみると、ババア3万ウォン、アガシ5万ウォン。(値段は知っていたけど、とりあえず聞いてみた。)

綺麗なアガシ居るの?って聞いたらもちろん!おいでと言うので、部屋に入って、客引きババアに5万ウォンを渡しました。

靴下を脱いで、準備万端で待っていたら、、、

40代後半の整形失敗だけど、目だけはパッチリ二重の人が来ました。

gangneung_1331_5

もしかして?? コイツ?(笑)

まさか・・・ ソルマ・・・。

人間ってすごい、拒否反応が直ぐに出ますね。

アガシ頼んだんだけどって言ったら、私。(笑)

いや、綺麗なアガシって言ったら、私。(笑)

若いアガシって言ったら、アガシオプソヨ。アガシは居ないと・・。(笑)

とりあえず、追い払って、靴下履いて客引きババアの所に言って、金返せって言ったら、別なの呼ぶからちょっと待ってろ。と言うので、戻ったのですが10分くらいですかね、、客引きババアが部屋に来たんです。

まさか!

と、思ったら、ポケットから5万ウォン出して、今日はアガシ居ないってお金を返してくれました。

一瞬、客引きババアが相手かと思っちゃいました。(汗)

部屋に来た40代後半のババアを追い払うとき、ストレートに可愛くないとか、若くないとか言って良いのかなと考えながらの言葉選びが大変でした。一応、女性ですからね・・・。(汗)
最終的には、チェンジ!アンデ!が無意識で出てしまいましたが・・・。

お部屋の中はこんな感じです。アガシが来るまで部屋のドアは開けっ放しにしておきました。

gangneung_1331_2 gangneung_1331_3 gangneung_1331_4

でもね、人間って不思議で、アガシが居ないって言われたら、じゃ、このババアでも・・・と、一瞬思っちゃいましたね。。

ダメなものはダメと、断る勇気も大事です。(笑)

その足で、バスターミナルに戻り、原州へ移動しました。

次へ続く。

こんな所、二度と来ないわ。

----------------
広陵旅館バリ
料金:ババア3万ウォン、アガシ5万ウォン
キス:たぶんアリだと思う
強引度:客引きババアに捕まると放してくれない。
アガシ:アガシを注文してもババアが来る。
----------------

ソーシャルボタン

2 件のコメント

  • 旅館バリ、ヨインスク。だんだん面白くなって参りました(笑)

    旅館バリは木浦編に期待!

    • えおつさん

      置屋メインでやってましたが、たまには冒険も良いかなと。(笑)
      良い刺激になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください