ジョホールバルの立ちんぼで事故に遭う

ジョホールバルをご存じない方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明します。ジョホールバルはマレーシア半島の南端にある街で、シンガポールとバスで行き来する事ができます。そんな街にも当然置屋は存在するのですが、知られてる所では海洋大旅店のローカル置屋が有名です。(SPA系の風俗もありますが、値段はRM250前後とちょっと高め。けど、置屋よりマシだけどね。)

海洋大旅店は、はっきり言ってしまえば、ババァの巣窟でRM35-70が相場となっています。希に若い子も居るらしいのですが見たことはありません。21時頃には店じまいになるのですが、同時刻頃に、立ちんぼが周辺で客引きをしています。

この立ちんぼは、ヤリ部屋が同じ場所なので元締めは一緒だと思います。

値段はRM80(約2,200円)と、まぁ安い方だと思います。
女性とお店の分配比率は、女性RM50、お店RM30となっているようです。

前置きはこの辺にして、本題へ。

海洋大旅店に覗きに行った帰りに、立ちんぼ集団が表れて、おぉ、綺麗な娘を発見して声をかけました。

私の第一声「レディーボーイ?」
女性「ノー」
私「OK!ゴー!」

と、部屋に向かいました。

部屋が満室で空くのを待っていたのですが、女性と話してると、どうも顔がオカマぽっいんですよね。でも、肌もキレイですし、、チンチンも無さそうですし。

顔は涙袋を整形しているのかなと思う程度ですが、若干、男性に見えないでもない。

出身が韓国の弘大だったので、韓国語と英語で会話したのですが、話し方もオカマぽっいし・・・。

でも、オカマじゃないと言ってるので、疑いはありましたがそこは信じて。

部屋が空いたので中に入ったのですが、電気がつかず真っ暗だったので、スマホのライトで明かりをとりました。

ここにはシャワーもなく、前者の使用後でもシーツの交換もなく、超不衛生な環境です。
インドの汚い部屋を想像してもらえれば・・・。w

さっそく、服を脱ぎ女性が乳首を舐めてきて、片手であそこを摩ってきました。

そして、ゴムをしてFを軽くして挿入。

すると、アッポー、アッポー(痛い)と言ってローションを探し始めましたが忘れたらしく、、そのままFをして濡らしてから、再挿入しました。

私は乳を触って揉んだりしたのですが、不思議なことにおっぱいの中身が動くのです。

「シリコン」が入っていたのです。

そして、あそこを見ると、、、不自然な突起物。

確定です。オカマでした。

部屋の外からは、女性を呼ぶ声が。

オカマがあと5分待って!と叫んでました。

イカせたいんでしょう。

仕方がないので、Fだけで抜いてもらって、ティッシュでささっと拭いて部屋から出たら、オカマは次の客と隣の部屋に入って行きました。

初めてオカマを経験しました。

ここに韓国の人が居ると思ってもみなかったですが、マレーシアの置屋は厳しいです。マレー系チャイニーズ、インド、インドネシアが大半で、韓国の置屋から比べると、中の下が勢揃いしている感じです。

特にジョホールバルは厳しい。

今回の感想は、もう勘弁です。

PS、韓国の置屋でオカマを見たことがないけど、オカマは韓国置屋で働けないからここに来てるのかな?
稼ぎは、韓国より良さそうな感じ。回転率が非常に高い感じでした。

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です